経済指標一覧

Contents

アメリカの株式市場に影響を与える経済指標は数多くありますが、その中でも特に重要度が高い指標を以下に紹介します。

GDP(国内総生産)

GDPは、国内で生産された財やサービスの総価値を示す指標で、国の経済活動の全体像を把握するための重要なデータです。アメリカのGDPは四半期ごとに発表され、経済成長率や景気の動向を評価するために使用されます。GDPが高い成長率を示すと、企業の収益増加が期待され、株価が上昇する傾向があります。逆に、低成長やマイナス成長の場合、景気後退の懸念から株価が下落する可能性があります。

United States GDP Annual Growth Rate

雇用統計

毎月第1金曜日に発表される非農業部門雇用者数(Nonfarm Payrolls)は、雇用市場の健全性を示す重要な指標です。この統計には新たに雇用された人数や失業率が含まれており、労働市場の動向を把握するために使用されます。雇用者数が増加し、失業率が低下すると、経済が堅調に推移していると見なされ、株価が上昇することが多いです。一方、雇用者数が減少し、失業率が上昇する場合、経済の停滞や景気後退が懸念され、株価が下落することがあります。

United States Job Openings

消費者物価指数(CPI) 

CPIは、一般家庭が購入する財やサービスの価格変動を示す指標で、インフレーションの状況を把握するために使用されます。インフレーション率が高い場合、購買力が低下し、企業のコストが増加する可能性があるため、株価に悪影響を及ぼすことがあります。しかし、適度なインフレーションは経済成長を示すため、株価にプラスの影響を与えることもあります。

United States Core Inflation Rate

ISM製造業指数 

米国供給管理協会(ISM)が発表する製造業指数は、製造業の景況感を測定する重要な指標です。指数が50を上回ると製造業が拡大していることを示し、50を下回ると縮小していることを示します。製造業は経済の重要な部分を占めるため、ISM製造業指数が高い数値を示すと、経済が堅調であると見なされ、株価にプラスの影響を与えます。

United States ISM Manufacturing PMI

住宅着工件数 

住宅市場は経済全体の健康状態を反映する重要な指標です。住宅着工件数は、新しい住宅の建設がどれだけ進んでいるかを示し、経済の先行きを予測するために使用されます。住宅着工件数が増加すると、建設業や関連産業が活発化し、経済全体が成長していることを示すため、株価にプラスの影響を与えることがあります。

 

United States Building Permits

小売売上高 

小売売上高は、消費者支出の動向を把握するための指標であり、毎月発表されます。消費者支出はアメリカのGDPの約70%を占めるため、この指標は非常に重要です。小売売上高が増加すると、消費者の購買意欲が高まっていることを示し、経済が堅調であると見なされ、株価にプラスの影響を与えます。

U.S. Retail Sales

Picture of Hiryu T
Hiryu T

日本で生まれ、幼少期は台湾で育ち、大学卒業まではまた日本で過ごす。そしてエンジニアとなった今はアメリカで生活する。何かと人生が忙しそうな人。