【ニューヨーク撮影記#1】ダンボからマンハッタン市内を歩く

view from new york dumbo

こんにちは、Hiryuです。

コロナでロックダウンされてから1年、2021年2月のニューヨークの風景をお届けしていきたいと思います。

この頃はまだ外国人入国制限があった時期です。(アメリカ入国に対する制限)

そのため、どこに行っても人は少なめでした。

目次

ダンボから見るブルックリン

view from new york dumbo

ダンボ(Dumbo)とは Down Under the Manhattan Bridge の頭文字をとったもの。以前はただの倉庫街だったが、近年再開発が進んで、おしゃれなカフェやレストラン、観光スポットが集まる注目のエリアとなっています。

ニューヨークの雑踏

Lexington Ave.と59thの交差点。

奥にはニューヨーク名物の煙がパイプからモクモクしています。

これはニューヨークの暖房事情と関係していて、パイプから蒸気を抜かないと爆発してしまうみたいです。

また、まだコロナ真っ只中であるため、マスクをしないアメリカ人がマスクをしています。

右側にはブルーミンデール(Bloomingdale’s)というちょっとお高いデパートがあります。

ここで買い物することはあまりありませんが、よくトイレを仮にお邪魔します。

タイムズスクエア(Times Square)

2021年のコロナ真っ只中に撮ったのでこのタイムズスクエアでも人通りが少ないです。

タイムズスクエアに来たらぜひ流しどりをやってみてください。

フォーカスモードをコンティニュアスモードに切り替え、被写体自動選択にします。

シャッタスピードは1/20~1/30にして、車とかの被写体が来たらそれに合わせて連射をするだけ。

何回かトライしているうちに1回はこのように成功した写真が取れます。

流し撮りはタイムズスクエアのような背景が鮮やかなところで威力を発揮するものだとつくづく感じました。

Share the Post:
Related Posts