嵐山の紅葉スポットを紹介

こんにちは、Hiryuです。

今回は、秋に嵐山に来たら訪れたい紅葉の名所について紹介していきたいと思います。

目次

1. 天龍寺てんりゅうじ

天龍寺は、京都の座禅を代表する格式高い寺院「京都五山」の中で、1位となった寺院。ここで見られる日本画で有名な加山又造が描いた雲龍図は迫力があります。360度どの角度から見ても睨まれているように見えることから「八方睨みの龍」と呼ばれています。また、秋の風物詩である曹源池庭園そうげんちていえんは「古都京都の文化財」としてユネスコ世界遺産に登録されています。

2. 大河内山荘庭園おおかわちさんそうていえん

百人一首で有名な小倉山の南面2万㎡の斜面に敷地に持つ大河内山荘庭園。昭和の時代劇俳優・大河内傅次郎が自ら一木一層に丹精を込めて創作した庭園で、春は桜、秋は紅葉と四季折々の美しさを堪能できます。

住所京都府京都市右京区嵯峨小倉山田渕山町
TEL075-872-2233
営業時間9~17時(最終受付16時30分)
定休日無休
料金見学大人1000円、小・中学生500円
アクセス公共交通:嵐電嵐山駅→徒歩15分。またはJR嵯峨嵐山駅→徒歩20分 車:名神高速京都南ICから15km50分
駐車場あり/10台/無料

3. 常寂光寺

平安時代後期より紅葉の名所で知られる小倉山の山腹の位置する日蓮宗の寺院。約200本のもみじと地面の苔が織りなす赤と緑のコントラストが美しいです。

住所〒616-8397 京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
例年の見頃11月中旬〜11月下旬
入場時間9:00〜16:30
定休日無休
料金拝観料500円
アクセス京福嵐山本線「嵐山駅」下車、徒歩約25分 市バス・京都バス「嵯峨小学校前」下車、徒歩約15分 阪急電車「嵐山駅」下車、徒歩約35分 JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩15分
駐車場普通車5台、無料)※時間制限有り

4. 二尊院

こちらももみじの名所である二尊院。見どころである紅葉はもちろんのこと、季節折々の花が飾ってある花手水(はなちょうず)も見逃せないです。

住所京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
TEL075-861-2221
拝観時間9:00~16:30(1月・2月・12月は~15:30)
定休日無休
料金大人 500円(400円) 中学・高校生 400円(300円)( )内は団体(30名以上) 千灯供養 大人1,000円
アクセス京都バス「鳥居本」下車徒歩約5分
Webサイトhttp://www.nenbutsuji.jp/

5. 祇王寺

平家物語に登場する祇王が尼となり、母と妹とともに移り住んだと伝わる寺院。境内の地面に広がるもみじの絨毯と赤に染まった木々が美しいです。

住所京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
TEL075-861-3574
営業時間9~17時(最終受付16時30分)
定休日元日
料金300円
アクセス市バス「嵯峨釈迦堂前」下車徒歩約15分
駐車場https://www.giouji.or.jp/

5. あだし野念仏寺

平安時代の埋葬地であった化野(あだしの)などで放置されていた無名の遺骸を、空海が埋葬して弔ったことがあだし野念仏寺の始まりです。嵐山第2の「林の小径」があり、ここの竹林は意外と穴場です。

住所京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
TEL075-861-2221
営業時間9:00~16:30(1月・2月・12月は~15:30)
定休日無休
料金500円
アクセス京都バス「鳥居本」下車徒歩約5分
HPアドレスhttp://www.nenbutsuji.jp/

まとめ

嵐山で訪れたい紅葉の名所を紹介しました。

朝8から9時に行くと案外空いているので、朝早起きしていくのがおすすめです。