【京都撮影記】秋の嵐山紅葉狩り散策 大河内山荘庭園から常寂光寺まで 中編

前回まで

前回は、阪急嵐山駅から渡月橋を通り天龍寺を周り、最後には林の小径を歩きました。
 
 

大河内山荘庭園

大河内山荘庭園は時代劇俳優として活躍した大河内伝次郎が建造した庭みたいです。
林の小径の入口の三叉路になったところに入口があります。

 

林の小径という人通りの多いところに位置しているにも関わらず、

入口が少し坂になっていて私有地っぽい雰囲気を出しているせいでなかなか今まで行く機会がありませんでした。

実際に入ってみると想像の何倍もすごかったです。

残念ながら時代劇にあまり詳しくないので大河内伝次郎がどれほどすごい人物なのかはわかりませんが、これだけの庭を所有し、古来の名だたる将軍が作った庭に引けを取らない庭を作ったのはなかなかすごいと思います。

 

中に入るとすぐ右側に茶庵があります。

入場料は確か1000円と高めでしたが、お茶のチケットも付いていて茶庵でお茶とお菓子をいただくことができます。

天龍寺、林の小径と今まで歩きっぱなしだったので一休みするにはちょうどよかったです。

 

茶庵で一休みしたあとまた歩き始めます。

どうやらこの庭は山の上に作られているみたいでちょっぴりハイキング気分が味わえました。

途中途中に紅葉と緑の美しい景色が待っています。

 

歩くと月香亭という小さな小屋みたいな建物に差し掛かります。

ここから比叡山や東山三十六峰、双ヶ岡、嵐山を眺めることができますl

絵に書いたような町並みです。

庭園を満喫したあと常寂光寺に向かうため東に進みます。

その道中ですが、紅葉が満開で美しいです。

常寂光寺

百人一首で有名な小倉山の中腹に位置しているこのお寺。
小倉百人一首の小倉はこの小倉山からきているといわれているが、それを編纂(へんさん)した藤原定家の小屋(時雨亭と言われている)が常寂光寺にあったのではないかと言われているみたいです。
 

 

時刻は昼下がりである。

流石にこの時間帯になるとこの人だかりになりました。

コロナ禍といえどまあまあ混んでますね笑

だれかがきれいな紅葉の葉っぱを選んできて石の上においてます。

園内は回覧式の庭園になっており、ぐるりと一周回りながら楽しむことができます。

みんな池の前の椅子で一休みしています。

運良く、人が少なくなった瞬間を捉えることができました。

大河内山荘庭園といい、常寂光院といい、庭が山の斜面に作られているためかなり登ったり下ったりしたと思います笑

しかしそれ以上に周りの景色が美しいのでつい疲れを忘れてしまいます。

アクセス情報

大河内山荘庭園

住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山田渕山町
TEL 075-872-2233
営業時間 9~17時(最終受付16時30分)
定休日 無休
料金 見学大人1000円、小・中学生500円
アクセス 公共交通:嵐電嵐山駅→徒歩15分。またはJR嵯峨嵐山駅→徒歩20分
車:名神高速京都南ICから15km50分
駐車場 あり/10台/無料

常寂光寺

住所 〒616-8397 京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
例年の見頃 11月中旬〜11月下旬
入場時間 9:00〜16:30
定休日 無休
料金 拝観料500円
アクセス 京福嵐山本線「嵐山駅」下車、徒歩約25分 市バス・京都バス「嵯峨小学校前」下車、徒歩約15分 阪急電車「嵐山駅」下車、徒歩約35分 JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩15分
駐車場 普通車5台、無料)※時間制限有り
Share the Post:
Related Posts

【熊本】長部田海床路に行ってきた!

熊本の写真映えスポット、長部田海床路に行って来ました!もともと乗り養殖と貝漁師のために作られた約1キロの道は地元では象徴的な景色となっています。